index >> 小説置き場「悪夢は」 >> ドウメキの森

 

ドウメキの森

--

 この森はいやだ、怖い。

 上を見上げてはだめだ。 無数の目がこちらを見ている。
  ぎちぎち、ぎちぎち。目玉がなる。

  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「どこへ行くんだい?」
  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「森のはずれのおばあさんの家へ」
  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「パンとワインを届けに森へ」
  だめだ、考えちゃ。目玉はこっちの考えを読み取るんだ。
  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「考えちゃだめ」
  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「こっちの考えていることが読まれちゃう、と考えていることを読まれちゃう、と考えていることを読まれちゃう」
  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「ぎち」
  ぼとり、と目玉が一つ落ちてくる。「ぎちぎち」

  おばあさんの家のドアをノックする。中からおばあさんが現れる。私は言う、ぎち。おばあさんも言う、ぎちぎち。

  この森はいやだ、怖い。
  ぎちぎち、ぎちぎち。

(2008/01/21)

back    ドウメクドウメキから来た方はこちら